岐阜県保健環境研究所
  
Home組織・沿革各部等の概要調査研究活動刊行物等その他アクセス
所長あいさつ
  当研究所は、県民の皆様の安全・安心な暮らしを確保するため、保健衛生・環境分野の各種検査や調査研究を行っています。一言で言うと、これだけのことですが、私たちが生活するうえで不可欠なもの、例えば、食品、飲料水、生活用品、医薬品などは、それぞれの法律により規格基準が定められ、また、大気、河川水、土壌などには環境基準が定められています。当研究所では、それぞれがその基準に適合し、安全かどうか検査して確認しています。
  また、当研究所は、県内の感染症、医薬品、食品、環境等について調査研究、試験検査、情報収集、技術研修会や技術相談などの業務に取り組んでいます。そのため、国をはじめ、他の研究機関との連携を強化し、最新の科学情報を収集するためのネットワークを構築しています。
  調査研究としては、産学官連携により数年先のニーズを見据えた先端的な研究開発を重点に置いた研究や県民や企業などの現場が抱える課題を解決する地域密着型の研究に取り組んでいます。その研究成果は、県民の皆さまに活用していただけるよう、ホームページを中心に情報発信に努めています。
  今後とも、県民の皆様が、より健康で安心して暮らせる環境の実現を目ざし、所員一人一人が、日々技術研鑽に努めて参ります。
 
  平成30年4月

                  岐阜県保健環境研究所長   緒方 勇人(おがた たけひと)
組 織
  当研究所は旧衛生研究所と旧公害研究所が組織統合し、高度化、複雑化する保健衛生と環境衛生の両課題に対応する総合試験研究機関として
 平成5年4月1日から「保健環境研究所」としてスタートしました。(ただし、この時点では組織上の統合であったため、庁舎及び各種設備等は
 従前のままでした。その後、平成11年8月、岐阜県各務原市に新庁舎が建設され、現在の組織となって7年目にようやく全職員が同一の環境で
 業務に従事することになりました。)
  平成20年4月1日に「食品安全検査センター」が新たに設置され(検査体制充実のため平成26年4月1日付けをもって3係体制となり
 ました)、平成25年4月1日に「感染症情報センター」が県庁健康福祉部保健医療課から保健科学部内へ移管されました。
  さらに平成28年4月1日から、感染症や公衆衛生など、健康事案に関する情報の収集と発信機能を強化することを目的に「疫学情報部」が
 新設され、「感染症情報センター」も同日付けをもって同部内へ移管されました。
        計 38 名         
沿 革
   昭和23年  3月  衛生研究所開設(岐阜市司町 県庁内)
   昭和26年  8月  衛生研究所新築移転(岐阜市八ツ梅町)
   昭和40年  4月  衛生研究所に公害研究センターを新設
   昭和43年  4月  衛生研究所に公害研究所を付置
   昭和45年  3月  衛生研究所新築移転(岐阜市野一色)
   昭和45年  4月  公害研究所、衛生部より企画開発部へ所管換
   昭和47年  4月  公害研究所、企画開発部より環境局へ所管換
   昭和48年  4月  衛生研究所に薬事指導所を付置
   昭和49年 12月  公害研究所移転(岐阜市薮田)
   昭和57年  4月  公害研究所、環境部より生活環境部へ所管換
   昭和58年  4月  衛生研究所は衛生部より、公害研究所は生活環境部より衛生環境部へ所管換
   平成  5年 4月  衛生研究所と公害研究所が組織統合により保健環境研究所に改称
   平成  8年 4月  組織改正により、衛生環境部より総務部に所管換
   平成10年  4月  組織改正により、総務部より知事公室に所管換
   平成11年  4月  薬事指導所を廃止
   平成11年  8月  保健環境研究所新築移転(各務原市那加)
   平成18年  4月  組織改正により、知事公室より総合企画部に所管換
   平成20年  4月  食品安全検査センターを新設
   平成22年  4月  組織改正により、総合企画部より健康福祉部に所管換
   平成28年  4月  疫学情報部を新設




   
   岐阜県保健環境研究所
   〒504-0838   岐阜県各務原市那加不動丘1丁目1番地   TEL:058-380-2100(代表) FAX:058-371-5016 MAIL:c22614@pref.gifu.lg.jp